放射線被ばくに関する基礎知識・・・放射性ヨウ素を含んだ水道水による、大人、乳児など人体への影響 求人!求人!求人!情報あります!

放射線被ばくに関する基礎知識・・・放射性ヨウ素を含んだ水道水による、大人、乳児など人体への影響のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

放射線被ばくに関する基礎知識・・・放射性ヨウ素を含んだ水道水による、大人、乳児など人体への影響

放射線被ばくに関する基礎知識・・・放射性ヨウ素を含んだ水道水による、大人、乳児など人体への影響


水道水から放射性物質が検出され、人体への影響が心配されています。

正しい知識を理解することにより、恐怖心を取り除き、冷静に対処することが出来ます。



独立行政法人 放射線医学総合研究所 HP に掲載されている基礎知識を紹介します。



放射線被ばくに関する基礎知識 第5報

平成23年3月25日(金) 10:20更新


  1. 東京都の金町浄水場の水道水に、1リットルあたり210ベクレルの放射性ヨウ素が含まれていると報道がありましたが、大人は飲んでも大丈夫ですか?



    大人が飲んでも、健康への影響を心配する必要はありません。

    放射性ヨウ素に関する国の安全基準値は、水1リットルあたり300ベクレルです。

    この基準は、放射性ヨウ素を含む水を長期間摂取し続けた場合でも甲状腺が受ける放射線量が1年当り50ミリシーベルト以下となるように決められています※1。

    例えば、300ベクレル/1リットルの水を大人が毎日2リットル、2ヶ月間飲み続けた場合、国際放射線防護委員会による換算係数に基づけば、約790マイクロシーベルトの被ばくを受ける計算になります。

    この値は人間が自然界から1年間に受ける放射線の量の3分の1程度で、健康への影響を心配する必要はありません。

    なお、放射性ヨウ素は半減期(放射能としての能力が半分になる時間)が約8日です。

    8日経つと半分になり、さらに8日経つと4分の1になります。

    よって、一度体内に取り込んでも2ヶ月後には100分の1以下になります。

    ※1 原子力安全委員会「原子力施設等の防災対策について」(平成22年8月最終改訂)



  2. 上記の問いにある水を料理に使っても良いですか?



    料理に使っても、健康への影響を心配する必要はありません。

    安全基準は、料理で使うことも考慮して、健康影響の現れる可能性が小さくなるよう決められています。



  3. 上記の問いにある水を、シャワーやうがい、歯磨きなどに使っても大丈夫ですか?



    水道水を飲用や調理以外の用途で使用しても、健康に影響はありません。

    安全基準と同じ濃度の放射性ヨウ素(300ベクレル/リットル)と放射性セシウム(200ベクレル/リットル)の両方を含む水道水を飲用以外で1年間利用し続けた場合、水から出る放射線で約14.5マイクロシーベルト、水から揮発した放射性ヨウ素と放射性セシウムを体内に取り込むことによる被ばくが最大250マイクロシーベルト程度になると推定されています。

    これは東京・ニューヨーク間を1往復すると飛行機内で被ばくする放射線量にほぼ同じで健康への影響を心配する必要はありません。

    (参考) 厚生労働省:「福島第一・第二原子力発電所の事故に伴う水道の対応について」



  4. 放射性ヨウ素は沸騰すると蒸発すると聞きましたが、本当ですか?



    放射性ヨウ素は沸騰しても蒸発しないと考えられます。

    水分が蒸発し、むしろ放射性ヨウ素が濃縮される場合があります。



  5. 妊婦や子どもへの影響はありますか?



    これについては、以下の学会の見解を参考にしてください。

    日本医学放射線学会「妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ 」

    日本産科婦人科学会「水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」





詳しくは、独立行政法人 放射線医学総合研究所 HP をご覧ください。




安否情報、計画停電、義援金など、東北地方太平洋沖地震に関する情報はこちらをご覧ください!


スポンサーサイト

2011年03月26日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。